BLOG
お客さまインタビュー #01 【尼崎市・校舎裏の家】

お客さまインタビュー #01 【尼崎市・校舎裏の家】

家づくりに濱内工務店を選んでくださったオーナー様を訪問。

今回お話しを伺ったのは、娘様と2人暮らしのO様。
入居されて約1年、実際の暮らし心地などリアルなお声をインタビューさせていただきました。

家を建てることになったきっかけ

一度好きな家を建ててみたくて

(O様)
元々は父の家だったんですが、もうだいぶ古かったんです。前に大きな台風が来た時に風で家が揺れて、「この家地震じゃなくて風でも揺れるの!?」って驚いて。(笑)
それに昔の家だったので何ヶ所か増築もしていて、そのせいで全然光が入らなくて電気をつけていても暗かったんですよね。動線も長くて不便なところもありました。
だから今後自分ひとりで暮らしていくことも見越して、建て直そうと思ったんです。

ここは駅から少し遠いので、最初は土地を売って阪急沿線あたりで中古マンションを買おうと思っていたのですが、やっぱり自分の好きな家を一度建ててみたくて、この同じ土地で建て直すことにしました。

濱内工務店を選んだ理由

漆喰での受賞実績がある地元の工務店

(O様)
どうせ建てるなら注文住宅で、ガッツリ自分の好きなように建てたかったので、大手よりも地元の工務店の方がこだわれるかなと思って、たくさん調べていろんな会社のHPを見ました。

絶対に漆喰と木にしたくて、漆喰を調べていたら濱内さんが上の方に出てきて、独自の漆喰で賞とか取られていて。それでよくよく見てみたら会社も伊丹市だったので、近いというのも大きかったです。
漆喰の実績と特別感、それから長くお付き合いするなら大手よりやっぱり地元の工務店かなと思って、濱内さんにお願いしました。

(濱内)
漆喰を使いたいというのは、元々何か理由がおありだったんですか?

(O様)
漆喰壁の建物を見たり触ったりしたことがあって、なんとなくですけど、建てるなら漆喰がいいなとずっと思ってたんです。
鱗みたいな模様のある漆喰もあるけど、ほこりが溜まりやすいし、こちらの方が汚れもつかないからと模様のない塗り方を勧めてもらって、気に入っているので言う通りにしてよかったなと思います。

こだわったところ

間取りは洗濯の動線にすごくこだわりました

(O様)
漆喰と木以外では、洗濯の動線にすごくこだわりました。
前の家は3階建てで、1階が洗濯機置き場で3階が物干しだったので洗濯のときに不便で。だから洗濯機の周辺に衣類乾燥機をつけて、その横にクローゼットを作って、乾いたらハンガーにかけたままパッと収納できるようにしたかったんですよね。その分電気代がかかるのは悩みどころですけど、梅雨の時期でも気にせず洗濯できるのが楽でストレスが減りました。

キッチンの横もパントリーじゃなくて、衣類用の収納にしてもらいました。玄関入ってすぐだし、帰ってきたらコート類とかをすぐにかけられるように。

設計士さんにも絶対に譲れないところは先に教えておいてほしいと言われていたので、間取りに関してはそこを一番最初にお願いしました。2階に上がって干す必要がなくなったのでベランダもなくしてもらいました。

実際に暮らしてみて

夏は特に快適さが全然違います

(O様)
洗濯の動線もよくなったし、部屋も明るくなってすごく暮らしやすくなりました。

特に漆喰の壁は本当によかったなと思いますね。やっぱり湿気を吸ってくれてるんですね。
前の家は梅雨の時期なんか特に、カビっぽくて本当にすごかったんですよ。(笑)

(濱内)
これ漆喰だけじゃなくて木も調湿してくれてるんですよ。だから家全体に調湿効果があるんです。吸った湿気は、天気のいい日に換気すると出ていってくれます。

(O様)
だからか、梅雨から9月頃までは特に快適さが全然違いますね。
エアコンももちろんかけますけど、弱めで大丈夫だし、在宅していてもずっとつけっぱなしじゃなくて止めていることもあります。前なら暑くてエアコンも強めにかけていたので、これが自然の力なんやなと、すごく実感しています。

(濱内)
吹き抜けはどうですか?暑さが下に降りてきたりしませんか?

(O様)
それおっしゃってましたけど、意外と大丈夫。日差しが強い時のために天窓につけた遮光カーテンも閉めたことないです。天窓は意外と暑さを感じないですね。せっかく明るいのが途絶えてしまうし開けっぱなしにしてます。

(濱内)
冬場はどうですか?寒くないですか?

(O様)
夏の快適さほど特別何かあるわけではないですけど、床暖房にしてもらったのがすごくいいです。無垢のフローリングなので、強くかけすぎないようにだけ気をつけないといけないですけど、エアコンをつけなくてもあったかいので、冬でも乾燥しすぎることがないです。

漆喰・無垢の木にしてみて

広さがなくてもリラックス度が全然違います

(O様)
リラックス度が全然違います。自然素材の中にいると、広さがなくてもこんなに落ち着くんやなって思いますね。

(濱内)
広さがないから叶えやすいところでもありますね。広いとそれだけ費用がかかるので、空間がコンパクトにまとめられているからこそ、余計に自然素材が活きているのかもしれませんね。

(O様)
これが普通の壁紙だったり、普通のフローリングだったりしたら、こんなに色々手放しで喜んでなかったと思います。(笑)もちろん間取りも大事ですけど、やっぱり何の素材を使うかって大事ですね。妹なんかもすごいいいねって言います。

スタッフとのやりとり

プロの目で全体感を見て提案してくれました

(濱内)
スタッフとのやりとりで気になるところなどはなかったですか?

(O様)
スタッフさんとのやりとりもスムーズでよかったですよ。
最初は気合いが入ってリビング雑誌を見たりしてイメージを膨らませてたんですけど、やっぱりプロの意見を聞くのが正解だなと思いました。プロの目でちゃんと全体感を見て提案してくださったので、信頼感もありました。我を張ってたらヘンテコな家になってたかもしれません。(笑)

(濱内)
工事の進行状況はあまり見に来られてなかったですよね。

(O様)
設計士さんに誘われない限り行ってないのでほぼ見てなかったですね。地鎮祭で大工さんを紹介してもらったときに、「この人大丈夫やな」ってなんか思ったんですよね。(笑)
ある程度出来上がったところを見た方が楽しいかなって思ったのもあります。

(濱内)
実際に出来上がったところを見られたときはどう思われましたか?

(O様)
こんなふうになったんやって思いました。やっぱり設計図とか3Dで見ていても木の感じとかはわからなかったですし。でも見てからはあそこに何置こうかってそのことばっかり考えてました。
家具も漆喰とか木の感じに合うようにしたいなと思って自分で選びました。

提案内容でよかったところ

最初は「ステンレスは絶対に嫌」と思ってたんです

(O様)
キッチンのステンレスは勧めてもらって本当によかったです。
北欧っぽくしたくて木の暖かいようなのをイメージしていたので、最初は「ステンレスは絶対に嫌」と思ってたんですよ。(笑)
でも全部を北欧テイストにすると田舎っぽくなってしまうし、家電とか近代的な電子機器を入れると浮くからちょっとだけモダンな要素を入れた方がいいと設計士さんに言われて、じゃあ一回見てみようと思ってショールームに行ってみたら以外と良くて。

あとは2階の寝室のドア。最初は普通のドアにしようと思ってたんですけど、寝室にも光が届くようにということで、半透明のものにしてもらいました。安っぽく見えるかと思いましたけど、やっぱり最終的に良くなりました。しっくりきています。

3回くらい建てないと本当に気に入った家は建てられないと言うけれど、1回で建てられました。嫌なところとか、こうすれば良かったって思うところが何一つないです。

(濱内)
そう言っていただけて本当によかったです。

気に入っているポイント

ここで過ごす夜が一番いいです

(O様)
やっぱり1階のここが一番落ち着きます。天井(2階の床)を敷き詰めないで隙間が空いているのは設計士さんの提案で、すごく斬新だから最初は「大丈夫?」と思ったんですけど、上から光も入るし隠れ家カフェみたいで、親族とか友人が来た時にはそんなふうに褒めてもらえる空間です。

夜は外にライトがつくので、外の木が照らされるとどこか違う場所にいるみたいな感じがして、小さいことですけど生活のプラスになっています。
ここにはテレビも置いていないのでリラックスタイムに良くて、本を読んだり、ハーブティーを飲んだり、夜はビールを飲んだり。ビールが進むから太っちゃって困りますけど。(笑)

だからここで過ごす夜が一番いいですね。キッチンもステンレスにして本当に良かったです。キッチンのある場所にいる感じがしなくてのんびりできるというか。

妹夫婦も結構な頻度で来るようになりました。前の時は実家なのに寄り付きもしなかったけど、今は「居心地いいわ〜」とか言って。(笑)

(濱内)
前の時は1階で過ごすことはあまりなかったですか?

(O様)
前は自室が3階だったからほぼ3階にいました。夏は暑いけど、1階よりはまだ光も入るし。だからリラックスするためというよりは、寝に帰るみたいな感じの生活でしたね。外でご飯を食べたり、友達と会ったりしてあまり家にいなくて。
今になって思うと、居心地が良くないからとにかく家にいる時間を減らしていたと思います。

(濱内)
今はむしろ出ていくのが面倒くさい?

(O様)
そうそう、今は本当に出不精!(笑)

あと気に入っているのは玄関のドア。みんなすごく良いって言ってくれます。
外観に窓がないのも、最初は「大丈夫なん?」と思ってびっくりしましたけど良いですね。

(濱内)
いらない窓ならその分コストも下がるし、窓も拭かなくていいから楽ですよね。

(O様)
変わった家って感じで気に入っています。小さないいお家って感じを作ってもらいました。

(濱内)
狭い土地の多い尼崎にはちょうど良い感じですよね。

(O様)
ね、良い感じでね。小さくてもこれくらいはできるでっていう良い見本になっていると思います。

アフターフォロー

近いからすぐに来てもらえてすごく助かってます

(O様)
住んでからも何かあったらすぐ来てくれます。
洗面器に物を落として陶器の端の部分を割ってしまった時も直しに来てもらったんですけど、その2ヶ月後くらいにもまた割ってしまって。(笑)でもすぐに来てくれました。

他にもテレビの見方がわからなくて教えてもらったり、水道が出なくてそれも元栓が閉まっていただけだったんですけど見に来てもらったり。家の不具合のこと以外で呼んでしまっても帰りに寄ってくれます。

あとは1階の窓のロールスクリーンも、後から気になってつけてもらったりしました。
やっぱり地元の工務店さんを選ぶ利点はそこかなと思います。大手さんも来てくれるだろうけど、やっぱり近いからすぐに来てもらえてすごく助かってます。

最後にこれから家づくりをされる方へ

顧客を思って、伝えるべきことはしっかり指摘してくれる

(O様)
濱内工務店はいい意味で顧客に媚びない。良いか悪いかをはっきり言ってくれるんですよ。見場はいいかもしれないけれど、実際に住んでみたらこうなるよとか。どんな素材も経年劣化は避けられないけれど、風合いとなるかどうかの部分を結構力説してくださったり。
顧客を思って、その人のためにどの情報を伝えるべきかを考えてしっかり指摘してくださるので、そういうところがすごく信頼できます。

あとは人脈が良いですよね。設計士さんや大工さんもちゃんとレベルの高い人と組まれているから、全面的にお任せできたし、任せてて大丈夫って思いましたね。


ありがとうございました!

施工事例はこちらから >>